エイジングケアは若いうちからやっておいた方が良い理由

肌が比較的強かったのか、20代のころはこれといって手をかけなくても、肌の調子はいい方でした。

冬場に乾燥すると、さすがに少しつっぱたりして、姉が使っていたコスメを真似して使う程度でした。

 

あのころは、コスメの成分など気に掛けたこともなく、乾燥した時期にはしっとりすれば良し、疲れた翌日でも肌がつるっとしていれば良し、というくらいにしか思っていませんでした。

当時から紫外線対策は重要だと言われていましたが、シミが気になることもなかったので、

日焼け止めも塗ったり塗らなかったりでした。

 

ナチュラルコスメ

 

なぜ、エイジングケアは二十代からやっておいた方が良いのか?

 

そんないい加減なスキンケアのツケがまわってきたのが、30代での出産後です。

子どもの世話に追われて、それまでにも増して肌の手入れが手抜き続きだったある日、鏡を見て愕然としました。

 

ソバカスだと思っていたものが明らかにシミになり、頬の毛穴も目立つようになっていたのです。

そのころから、石鹸での洗顔後、夏でもつっぱりを感じることが増えてきて、

何をどうしたらいいのか分からなくなりました。

 

使っているコスメによってエイジング(加齢)は左右される

 

そんなとき、たまたま手にした美容本に、エイジングケアを意識し始める年齢になったら、

洗浄力が穏やかなミルククレンジングを使うことが第一歩といったことが書いてあって、

ネットでミルククレンジングを探し始めました。

 

エイジングケアとナチュラルコスメ

 

製品によって特長もいろいろで、成分についても説明が書かれています。

自分なりに調べた結果、スキンケアは肌の食べ物だと考えるようになり、

100%植物由来成分から作られたオーガニック・ナチュラルコスメを使うようになりました。

40代になり、香りに癒され、肌も元気になるオーガニックコスメにますますはまっています。

 

不思議なもので、初めこそはオーガニック・コスメは

もの足りないと感じる事もありますが、そのうちお肌の自然に

キレイになる力が鍛えられるのか、自然とお肌の調子も良くなってきます。

 

できれば、若いうちからオーガニックコスメに挑戦する事をおススメします。

お肌に負担を強いらない化粧品選びは、エイジングケアには

とても大切だと思います。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ