アンチエイジングと冷えについて

女性にとって冷えは大敵です。

肌の調子も悪くなりますし、生理不順の原因にもなります。

また、老化化にもつながり良い事はありません。

冬だけでなく、夏もクーラーによる冷えで身体の調子が悪くなったりします。

 

冷え

 

冷えがアンチエイジング美容に及ぼす影響

 

冷えがこれら体の不調や美容まで影響してくるのは、 血流を悪化させるからです。

体が冷えると体は体温を保つために血管を収縮させます。

結果として、代謝も下がり血液から栄養も肌へ行き渡らなくなります。

これが、冷え対策が健康とエイジングケアに重要な理由です。

 

カイロやカーディガンなどで、直接身体を寒さから守るのも大事ですが、

食べ物でも冷えが予防できるのです。

体の内側からもしっかり温めて、オールシーズン元気に過ごせる食材は以下の通りです。

体を冷えから守る食べものは?

 

身体を温める食べ物

・しょうが

・紅茶

・緑黄色野菜

・りんご

・赤身の肉

 

身体を冷やす食べ物

・きゅうり

・パイナップル

・バナナ

・牛乳

・コーヒー

 

上にあげたのは一例ですが、少し意外なものもありませんか?

基本的に、「色の濃いもの」は温める食材である可能性が高いです。

色が濃くても冷やすカテゴリーに入っているものは何かというと、

「南方産」もしくは「夏が旬」のもの。

気温が高い中で旬を迎えるものや、暑い地方特産のものは、

基本的に人の体温を下げるように出来ていると言われています。不思議ですよね。

 

そういった理由もあり、牛乳やコーヒーは寒い時にホットで飲みたくなりますが要注意。

一時的に体温は上がるのですが、時間が経つと冷えやすくなってしまいます。

紅茶にしょうがを入れて飲むのが、身体を温める点で考えると効率が良いかもしれませんね。

 

生姜紅茶

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ