日焼け止めを使わないUVケア

UVケアといえば、「日焼け止め化粧品」を大半の方は思い浮かべるのではないでしょうか。

もちろん、「日焼け止め化粧品」は正しい使い方をすれば紫外線からお肌を守ってくれるのですが

デメリットもあります。

 

そのデメリットとは何なのでしょうか。

一つは、、「日焼け止め化粧品」は実は、使い方がとても難しいという事です。

「日焼け止め」には必ず使用量があり、それを守らないと効果はあまり期待できない事があります。

日差し

 

日焼け止め化粧品のデメリットとは?

 

この使用量は実はかなりの量で、多くの人はべたつくのを嫌う為に

その量を満たしてしる人は少ないと言います。

 

では、「日焼け止め化粧品」は多く塗れば良いのかというとそんな事もないのです。

「日焼け止め化粧品」は肌の負担になる成分が入っているので、それだけ

お肌を傷める可能性がでてきてしまうのです。

 

つまり、使用量が多くても少なくてもいけない。とても難しいのです。

 

日焼け止め化粧品を使わないでパウダーファンデーションを使う

 

この、「日焼け止め化粧品」を使わないUVケアとしてパウダーファンデーションを

オススメしている美容家の方は多いですね。

 

パウダーファンデーションは、粉の成分が日差しを跳ね返してくれるので

日焼け止めにもなるし、肌の負担も少なくていいです。

 

 

もちろん、海水浴や山などへのレジャーにいくなら別ですが

日常的なお手入れであれば、しっかりと日差しからお肌を守ってくれて

肌へ優しいパウダーファンデでUVケアは知っておいて損はないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ