アンチエイジングケアに必要なケア

女性には、その名前も当たり前になってきたアンチエイジングですが、あなたは正しく理解出来ていますか?

しわ、たるみ、くすみ、しみと言った年齢と共に気になってくるお肌のトラブルは後を絶ちません。

これを、予防したり進行を遅らせるのがアンチエイジングの基本的な考え方です。

 

アンチエイジングのポイント

 

アンチエイジングのポイントは?

 

年を重ねてくると年齢や肌の悩みに合った化粧品を選ぶことが必要になります。

若い時の肌のようにツヤとはりを取り戻したり、綺麗な肌をキープすることを考えて慎重に選びましょう。

 

では、どのようなポイントを見て化粧品を見ればいいのかキーとなるポイント別に分類してみましょう。

 

紫外線対策について

 

まず肌は、紫外線を浴びることでしみやしわの原因になります。

 

シミで一番多いのは、老人性色素班という種類のシミです。

このシミは、長い間紫外線が蓄積されてある日突然にシミという形で現れます。

ですので、日々の紫外線ケアがとても重要になってくるのです。

美白化粧品でのケアが必要になってきます。

 

また、シワもこの紫外線が大きく影響しています。

しっかりとUVケアが必要になってきます。

 

 

酸化防止には?

 

続いて、酸化を防止することです。

体は、生まれてから日々、酸化しています。

しかし、若いうちは、酸化した分を取り戻せますが

年齢を重ねていくとそうもいかなくなります。

 

酸化を防止して、抗酸化力のある食事をとる事が

必要になってきます。

 

 乾燥を防ぐ

 

そして、乾燥もお肌にとっては天敵です。

乾燥は、肌のツヤや透明感を奪ってクスミがちの肌になる以外にも

バリア機能の低下に繋がるので肌荒れや老化に繋がります。

保湿成分(セラミドなど)の美容液で保湿を欠かさない様にしましょう。

 

年齢ともに加齢するお肌にどう対応するか?

 

同時に年齢と共に起こる老化を防ぐ必要があります。

年齢と共に肌も薄くなってきています。

 

女性の肌のピークは20代~30代頃と言われており、女性ホルモンが減ってくるとヒアルロン酸やコラーゲンを失います。こうなると皮膚再生機能も遅くなってしまいます。

この結果、肌のハリツヤがなくなってきます。

コラーゲンを増やす成分として、ビタミンC誘導体やナイアシン、レチノール入りの

美容液でケアする方法があります。

糖化を対策する

 

最後に、糖化と呼ばれる体内で起こる現象です。

これは、食事などで吸収した糖分と体内に存在するたんぱく質とが引っ付いてしまうことを言います。

引っ付いた後は体に蓄積してしまい、その糖が原因で皮膚が黄色っぽく変色したり、年齢より老けた印象を与える肌になってしまいます。

この、糖化を血糖値を急上昇させない事が必要です。

バランスの良い食事で糖分は控える事が大切です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ