肌の糖化とアンチエイジングについて

肌が糖化する。あまり聞きなれない為に、気にしない人が多いのが現状です

 

乾燥するや酸化すると言ったよく耳にする症状の方を気にする人の方が多いようですが、

肌の糖化は知らないとそれ以上に肌のトラブルとして、危険な症状を引き起こしてしまいます。

 

糖化の症状としては、肌が変色・くすみにより焦げてしまうことです。

また、肌の肌に張りにも影響を及ぼします。

 

糖化イメージ

 

肌の糖化とはどんな症状?

 

分かりやすく説明すると、パンを焼くと表面がおいしそうに焼けますが、中には固く焦げてしまう箇所があります。

この焦げの原因は、パンには小麦粉・卵・牛乳を使用していますが、糖質とタンパク質を過熱することで、劣化したタンパク質が表面に出て焦げてしまっています。

これと同じ現象が肌でも起こってしまいます。これが、肌の糖化になります。

 

つまり、タンパク質が糖が一緒になって変化してしまう事を意味します。

 

 

 

糖化を防止するのには?

 

この恐ろしい糖化現象を防止するためには、一番に食生活の見直しを行う必要があります。

過剰な糖の摂取はしないようにするのはもちろんですが、体を抗糖化させる必要性があります。

 

食品によっては、血糖値と呼ばれる血液内の糖分を高くしてしまうものが多く存在しています。

血糖値が高くなってしまうと体内に糖分が多過ぎるという状態です。

毎日の食事の際に少し心掛けるだけでも抑制することも可能です。

 

食事では、野菜などサラダを先に始めに食べて、主食の肉やご飯などを後に食べるだけでも、

この血糖値の上昇を抑えることが出来ます。

 

血糖値を抑えることが出来る、すなわち糖化に繋がる体内環境では無いという事になります。

かといって、肉を食べない、ご飯を食べないと言う偏食はかえって、体に悪影響を及ぼす可能性もありますので、

バランスの摂れた食生活にしてみましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ